--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/01/18 (Tue) あなたへ

今夜も月がきれい


 うさぎはひとりぼっちでした。
そこには、うさぎには大きすぎるお城が建っており、古い樹がそれを囲むように生えていました。しかし、動物の気配はまるでありません。
うさぎは、自分がいつから此処にいるのかも分からず、何故生まれてきたのかも分からず、ずっと長い間ひとりぼっちでした。
うさぎのいるところからは、いつもとても綺麗な青い星が見えました。そこでうさぎは、その星に毎日お願いごとをします。
――誰か、話のできる友達ができますように


 ある日うさぎが朝起きると、それはそれは大きな生き物が隣にいました。うさぎは大変驚いて、そして恐る恐る話しかけました。
「あの、僕はうさぎです。君はいつ来たの?どうやって来たの?どこから、来たの?」
大きな生き物は、低く響く声でこたえました。
「地球から来た。わたしは恐竜。どうして此処にいるのか、それは分からない」
そして、あの綺麗な青い星を見つめました。
そのあと二人は友達になりました。お城は恐竜には小さすぎたので、うさぎは専ら外で過ごしました。


 「ねぇ、起きて、起きて」
恐竜はうさぎの声で目を覚ましました。
「なんだい、一体どうしたの」
「きみの、ほしに、ああ」
おびえているうさぎを不思議に思いながら恐竜が地球に目をやると、大きな星屑が地球に向かっていくのが見えました。このままでは、ぶつかってしまいます。

「ああ、壊れてしまうのかな、君の綺麗な星は、、、」
「大丈夫、壊れやしない」
恐竜はそう言いましたが、星屑が地球にぶつかった瞬間に大きな爆発が起きたのを見て、心底恐ろしくなりました。
それから二人はずっと地球をみていましたが、あの綺麗な青い星は生命の全てを失ってしまったように見えました。
「きっと、皆いなくなってしまったな」
ぽつり、と恐竜がつぶやきました。
「さみしくないの?」
そう、うさぎが聞くと、
「何故だか」
と恐竜は言いました。


 二人は色々なことを語り合いました。
どうして此処に在るのか?存在するということとは?認識とは?生とは?死とは?

「それでも僕は、僕たち二人が此処にいることを認識している。ああ、だから前よりも絶対に幸せだ」
と、うさぎは言います。
「比較しているのに、絶対とはおかしいね」
と、恐竜は笑います。


 そんな日々が長く続き、青い星も以前の輝きを取り戻しつつありました。しかしうさぎは、恐竜が痩せてきていることに気付いていました。そして、その理由も。
「君は、たんぱく質をとらないと死んでしまうのだね?」
「どうやら、そうらしいね」
恐竜はいつもの低い、落ち着いた声でこたえました。
「なら僕を食べてくれ」

「君など、小さすぎて腹の足しにはならない」
そう言って恐竜は大粒の涙をこぼしました。真上から降ってきた涙で、うさぎの体はびしょ濡れになってしまいます。
「ああ、みんな、死んでしまった。あの星は今も美しいね、きみ。私はあの星で確かに生きていた。それがもう、みんないなくなってしまったよ。今さら、とても、とても悲しい。悲しくて寂しい」

うさぎも悲しくなって、二人寄り添って眠りました。


 数日後、恐竜は静かに死んでいました。うさぎは、地球にお願いごとをします。
――お願い、連れて行かないで、僕の大事な友達なんだ


 いくつもの、長い、長い時が経ち、恐竜は骨だけの姿になってしまいました。
うさぎは巨大な恐竜の内部で、何故自分は生き続けているのかと問答を繰り返していました。時折、お城の屋根にのぼり地球を眺めます。
あの星は美しいね、と恐竜の言葉を思い出し涙を流すものの、その涙の粒は小さく、うさぎの体を濡らしはしません。

――君が、僕を認識してくれたから僕は僕でいられたんだ。今はもう、なんにもなくなってしまった。なんでもないものになってしまった。

うさぎは静かに目を閉じました。
――でも、僕は君のそばにいよう。君のいた世界を見つめていよう―――

スポンサーサイト

SS | trackback(0) | comment(0) |


2010/06/29 (Tue) 特定個人へのラブレター

今は、前みたいにたくさん連絡を取ってはいないけど
いまお互いが何をしているかすら分からないけど
とってもとっても会いたくて
なんだか寂しくなったり空しくなったり忙しかったりすると
ノートのはしっこにあいたいなぁーとか書いちゃうような
しかも片思いかもしれない ひとが います
とっても素敵なひとです 女の子です
この記事を読んでいるかもしれないけれど

もしかしたら この夏休みにあなたの今の街に行くことができるかも しれない
あなたがこっちに来てくれても嬉しいのだけど
わたしはいまのあなたの街に行って
他愛もないことしゃべってのんびりして
街をぶらぶら歩いてデートしたいです
温泉とか入りたい 銭湯みたいな感じで
わたしの街には銭湯がないものだから 都会ぶってて 疲れます

なんでもないことで笑った日々が大好きでした
がんばろうって思えたのもあなたのおかげ
いまになって本当に大好きだって気付いたよ

まさか2人とも新しい街に行くなんてね
どんなに時が経っても、ずっと友達でいたいと思うの
かってにこんなこと書いてごめんね

はーと!!

SS | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/03 (Wed) 一年前のはなし

その日も灰色の空だった。
冷たく、厳しく吹く北風に脅され、心臓は激しく打っている。
彼女は顔を強張らせながら、自分が座るべき席を探していた。
周りは知らない顔ばかりで、そして全員自分より頭が良く見えた。

ようやく自分の受験番号が書いてある席を見つけると、ひとつため息をついて座った。
たぶん、わたしも外から見たら頭が良く見えてるはず…
そう思った彼女は眼鏡を指で押し上げ、周りをひと睨みし、自分を落ち着かせた。

まもなく試験監督が教室に入ってきた。
そして彼女の前に問題用紙が配られる。
…これで、決まる。
落ち着かせたはずの心臓がまたドクドクと体の中で響く。
開始のチャイムとともに、彼女はすぅ、と息を吸い込み、使い慣らしたシャーペンを手に取った。

一問目の問題を読み、その解法が頭に浮かんできたとき
…あぁ、分かる。大丈夫。
彼女の緊張は解け、体が一気に熱くなった。

そう、この感じ。アドレナリンが効いてる感じ。解いていくことへのただ純粋な快感。

気付けば時間は終了間近になり、彼女の解答用紙もほとんどが埋まっていた。
1分前、時計を確認した彼女はペンを置いた。
熱くなった体はなかなかその熱を逃がさなかった。

終了のチャイムがなり、解答用紙が回収されていく。
ふと、彼女はとなりの男子学生の解答用紙を見た。
彼の1枚目は真っ白であり、本人は青くなり震えていた。

…勝った。

その瞬間、彼女は自分の合格を確信し、誰にも気付かれないようこっそりと笑みを浮かべた。
いや、隣の彼には見えていたかもしれない。

空は相も変わらず灰色であった。
きっと、わたしはもう一度ここに来る。
しっかりとした足取りで、彼女は大学の門を出た。

SS | trackback(0) | comment(2) |


2009/03/11 (Wed) 愛しの

檻の中で野性を殺して、檻の外の人間を見つめる。
時折動いてのびをして、口を大きく開ければ子供たちは喜ぶ。
わたしの愛しいライオン。

あなたはいつも檻の中で、わたしはいつも檻の外で、決して触れ合うことはできないけれど、
あなたの考えてること全部分かるの。私の考えてること、あなたは全て知っているもの。
目が合うだけで、こんなに愛しい気持ちになる。

あなたは私に話しかける。他愛のないことをおしゃべりする。
あなたの世界は檻の中だけど、本当だったらとんでもなく広い草原を走り回っていたはずだもの。
その代りにわたし達はもっともっと広い世界を語り合う。
わたしの愛しいライオン。

愛しい、こんなにも愛しいライオン。
あなたはいつも、最後にわたしの名前を呼ぶ。
わたしの名前を、ゆっくりと二回。

どうして二回も名前を呼ぶの?とわたしが聞くと、あなたはこう答えた。

一回目は君に呼びかける。
二回目は、自分に向けて言うのだ。
自分の発した音が君の名前の形になって、自分の心にしみこんでいくから。
その形が、せつなくて、いとしいよ。

わたしもあなたが切なくて愛しくて悲しい。
あなたはいつも檻の中で、わたしはいつも檻の外。触れ合うことができないのだもの。

閉園時間を告げる音楽、聞き飽きた馬鹿げたメロディー。
あなたがわたしの名前を呼ぶ。
愛してる愛してる愛してる
あなたを愛してる、わたしのライオン、ライオン。

SS | trackback(0) | comment(2) |


2008/06/27 (Fri) あじさい

「あぁ、あれはバラ座かしら」

夜はふけたばかりの紺色で、宝石をちりばめたような星空でした。
マリアが星を眺めながら歩いていると、下の方で何やら小さき可愛らしいものが騒いでいます。

「まぁ、ごめんなさいね、バッタの伯爵。
わたくしったら星に夢中で…。大丈夫かしら?」

「もちろんですとも!紫陽花の姫君!
たとえ巨人が走り回っても、決して踏まれなんだこの身。まして姫君の軽やかな御足など、かすりもしませんぞ!」

そう言ってバッタの伯爵はぴょこぴょこと跳びまわってマリアを喜ばせました。
ふっと微笑みを漏らし、マリアは答えました。

「ふふ、そうだわ。わが誇り、わが友、バッタの伯爵。」

「ややや、姫君!レイス王にどうぞよろしくお願いいたしますぞ!」

そこで、マリアの少し前を歩いていた一角獣が振り向いて言いました。
この一角獣は月の光をうけ、銀色に輝いて大変に美しく、その名を白樺といいます。

「姫君、あまりわたしから離れて歩きませんよう。」

それを聞いたバッタの伯爵は相変わらずぴょこっと跳びながら、

「やや、これは白樺殿!紫陽花の姫君がその清らかな御声を吾輩めにかけてくださったというに!」

といささか興奮気味に申しました。

「歩む者のゆくてをさえぎるでないぞ。」

響くような一角獣の声に、バッタの伯爵は少々顔を赤らめて一礼し帰ってゆきました。

「父上に申し上げておくわ、バッタのなかのバッタ、伯爵のこと!」

マリアは去っていく伯爵に向かい声をかけました。
夜はますますふけていきましたが、月はその光を増すばかりです。

「白樺、なにをそんなに怒っているの?」

「怒っているのではありません。わたしはあのような小さき、うるさき者は好まない。」

マリアは一角獣の隣に追いつき、その美しいたてがみをなでました。
白樺は鼻をマリアに寄せ、二人は月に照らされた道を歩いてゆきます。

「うら若き乙女、紫陽花の姫君、その顔をどうぞわたしに向けてください。」

「わたくしはここにいます、白樺。雨の国ジュレスは孤独など恐れない、と言ったのはそなたではなかろうか。
雨の恵みあれ、ジュレス 雨音を鳴らし奏でる旋律 歌え精霊たち 踊れ動物たち
こころをつなげ ジュレスの国は今ここに 雨よ恵みをもたらしたまえ」

「紫陽花の姫君、良い御声だ。」

その一角獣は目が見えないのでありました。

SS | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

   

音乃 悠

Author:音乃 悠


ものが書けるふりをしていた
某メーカー技術屋さん(一応)

日常とか詩とかSSとか

星屑たち

コメント、愛です

トラバ

こよみ

飛んでけっ

キラキラ星

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

素敵な方たち

このブログをリンクに追加する

星を探す

RSSフィード

お友達申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。